つっぱりモルディカイ

つっぱりモルディカイの大冒険

モノノフ歴1ヶ月の学生がももクロの名曲で打線組んだ

この記事をシェアする

 

こんにちは。圧倒的成長侍です。
ぼくは今、とあるアイドルにハマっています。
そうです。週末ヒロイン、ももいろクローバーZです。


彼女たちの魅力に気づいて1ヶ月とまだまだ日は浅いのですが、この1ヶ月はももクロの曲しか聴いていません。すっかり虜になってます。

今回はそんなももクロの曲で打線を組んでみました。優勝まったなし!


1. (左) 仮想ディストピア 
2. (二) ミライボウル
3. (右) 走れ!
4. (一) ゴリラパンチ 
5. (DH) GOUNN
6. (三) 猛烈宇宙協奏曲・第七楽章「無限の愛」 
7. (遊) コノウタ  
8. (捕) 泣いてもいいんだよ
9. (中) ワニとシャンプー 


ピッチャー 

先発:マホロバケーション
中継ぎ:灰とダイヤモンド
抑え:行くぜ!怪盗処女 

↑ももクロの友情ドラマが詰まった1枚。もれなく泣けます。

1. (左)仮想ディストピア 

YouTube

走れ!と迷いましたが、冒頭からバイクのエンジンふかしてるダンスをかましてきたこの曲が先頭打者で!ギュオンギュオーンとバイクをふかす動作から突然「星が1つ 壊れちまった」というビックリな出だし。これは某ヒャッハー!のオマージュだろうか…?

サビの夏菜子のソロ+4人のコーラスのところが大好き。ラストのサビで構図がひっくり返るのも最高に気が効いたサプライズ。5人いるからこそできる曲!ももクロの新たな挑戦みたいな部分が垣間見えて、「進化してるんだなぁ」とひしひし感じさせてきます。

彼女たちの歌声が、壊れた1つの星を生まれ変わらせるという、ドラマチックな世界観も素晴らしいの一言。ありがとう、こんにちはユートピア。
 

2. (二) ミライボウル 


YouTube

2番と言えば技巧派、技巧派と言えばミライボウル!!
あれ?違う曲になったのかな?と思うくらいの大胆な変調。初めて聞いた時にはなんだこれ!?と思ったものの、次第にやみつきになります。「夢見てた数だけ 高鳴る胸おどる」というフレーズを聞くとサビのグワングワンするスピード感を切望するようになります。もはや「パブロフの犬」状態。 

ラストのサビに入る前のダンスが美しいの一言。あーりんと杏果の大開脚、しおりんのハンドスプリング、夏菜子のエビ反りジャンプに近いなにか。れにちゃんはまぁ仕方ない。このシーン見てるだけでもご飯10合はいけそうだ!

 

3. (右) 走れ!

YouTube

ももクロの歴史を作る代表曲の1つ。強い決意を感じさせる歌詞から、チャンスを確実に広げるアベレージヒッターを想像しました。もちろん足も早い。俊足巧打!

こちらのライブ映像が神なのでとりあえず見てください。この映像だけを見ても、ももクロのこれまでの歴史というか、様々なドラマの果ての一曲という文脈を感じ取れます。言葉にできない感動が、身体中を包みます。

 

4. (一) ゴリラパンチ

YouTube

「ゴリラ〜のパンチはす〜ご〜い〜」という、衝撃的な歌詞から始まる一曲。騙されたと思って一度聞いてみてください。きっと感動します。

ふざけた出だしとは打って変わって「事なかれ主義な現代人!もっと素直になれ!感情出していけ!」というメッセージを全面に押し出したメチャクチャ熱い一曲。一昔前のヤンキーを想起させる歌詞です。

杏果をフューチャーした曲で、小さな巨人という二つ名の杏果に本当にピッタリな曲だなと思います。ゴリラの破壊力もさることながら「パンダだって本当は強い」と他の生物を尊重する優しさ、これこそ4番というポジションにピッタリではないでしょうか。全幅の信頼を置いて見守れます。類人猿パワーでチームを救ってくれ!ライブのキラーチューンになるんだろうなぁ…。


余談ですが、「ウッホ」と「ゴリラ」って歌詞で何回言ってるのか数えたところ「ウッホ」が29回、「ゴリラ」が26回でした。

 

5. (DH) GOUNN

「あなたに逢いたいよ 旅路は永遠の彼方」夏菜子の何かを決意したような強い歌声から始まる一曲。衣装の重厚さ!アニソンチックでヘヴィーなメロディー!パワーヒッターに違いない(確信)。
タイトルのGOUNNは「五蘊」という仏教用語を意味します。意味を調べてみると

五蘊とは、人間の構成要素を、
色(しき)、受(じゅ)、想(そう)、行(ぎょう)、識(しき)の
5つに分類したもの。
単純に言えば、色は身体のこと、残りの4つは、
心の働きを4つに分けたものです。

 引用:http://www.performanceship.com/blog/2008/07/post_c914.html

なるほどよく分かりませんが人間を構成する要素と考えて差し支えなさそうです。
五次元の旅を終えた彼女たちは、ついに生の答えに迫らんとしているみたいです。「灰とダイヤモンド」で女神へと昇華した彼女たちは天界で我々を待っていました。

しかし、そんな彼女達にも様々な煩悩が。「無欲になんか全然なれない」と葛藤を繰り返しますが、曲のクライマックスで「私は 私の化身に なりたい 嗚呼」、と叫び、「ほんものの奇跡は 良い因果応報の果て」「奇跡じゃなくて 自分の中から 導く未知の力」と歌います。これは執着=期待することを止め、自分を持って強く生きて行くことに対する決意を思わせます。そしてここにももクロの新たな旅路が始まるのです。どうかももクロちゃんが歩む世界が優しくあらんことを。

 

6. (三) 猛烈宇宙協奏曲・第七楽章「無限の愛」

YouTube

みんなの「ウーワオ!」が可愛すぎてもう。アニメのタイアップ曲であるとともに、モノノフたちへのラブソングでもあるこの一曲。

歌い出しの「宇宙の果ての果てでもキミの事想う」という歌詞にあるように「どんなに遠くへ(宇宙)行っても私たちはみんな(ファン)の近くにいるよ」というメッセージが込められたこの一曲。アゲアゲでめちゃくちゃな曲なのになんという優しさ!この愛で残塁した選手をホームベースに帰してやってくれ!

2番冒頭の「アイ」のマシンガンで耳が「幸」に満たされてるとれにちゃんが「暗黒のブラックホール」を召喚したり奇声を発したり(ワオ!って言ってるらしい)で我々の苦笑いを誘います。そして幾度化の「モーレツ!(ドカーン)」を経て激闘は終焉、平和が訪れる。とてつもなく忙しい曲です(褒めてる)。

 

7. (遊) コノウタ

YouTube

「いつだってギリギリさ」という名フレーズを生んだ一曲。ももクロの楽曲の特徴として、ももクロが自分自身のために歌う曲が数多く存在します。

「ピンキージョーンズ」という曲がその代表で、「天下をとりに行くぜ!」というフレーズはアイドル戦国時代の天下統一宣言を意味しています(その他にも自己言及的なフレーズを数多く散りばめられているので気になる方は是非歌詞を注視してみてください)。

「コノウタ」も自己言及的な曲で、それは2011年の「女祭り」というライブで真価を発揮します。まさに「コノトキ」のために作られた曲じゃないかと誰もが思ったライブ。詳しくは調べてみてください。

「その密かな頑張りを誰一人知ること無くても 構わないんだ」「流した汗と涙が 証明してくれるはずだって みんなに教えられた」というフレーズがももクロの歩みを感じさせてくれて前を向こうという気分になります。

 

8. (捕) 泣いてもいいんだよ(キャプテン)

YouTube

弱った時は真っ先にこの曲聴いてる自分がいます。中島みゆきが楽曲提供をした、重厚な王道J-POPソング。

「全然泣けなくて 苦しいのは誰ですか 全然今なら 泣いてもいいんだよ」というサビの言葉が本当に優しくて、力強い。不感症になりがちな現代人に「泣いてもいいんだよ」と強要するでもなく、優しく囁く。聴いていてすごく安心するし、励まされます。


日本のミュージックシーンを引っ張ってきた大御所がつくった曲を、ももクロという未完の器が全力で歌うという組み合わせがすごくマッチしているような気がします。その包容力たるや静かなる山の如し!全力でキャッチャーに推薦!ガールズバンド「たんこぶちん」のカバーもいいぞ。

9. (中) ワニとシャンプー

YouTube

「ミートE パワーE 走力S 肩力A 守備Cというパラメータが似合いすぎませんかこの曲。特殊能力の「ムードメーカー」も必須。いつでもどこでもぴょんぴょこ跳ねてそう。タイトルから内容を推し量ることが不可能な曲ですが、 夏休みあるあるをギャーギャー歌う曲です。ももクロにピッタリすぎて笑う。


2012年のSummerDiveでは吉田兄弟の三味線Overtuneからこの曲へ!歌い出しの杏果を見て思わずこちらもウルッとしちゃいます必見!

先発:行くぜっ!怪盗少女

YouTube

この曲をどこに置くか非常に悩んだのですが、、、先発のエースということにします。マー君ばりの安定感を発揮してくれることでしょう。ぼくがももクロにハマるきっかけをくれた、モーセのような存在。「ももクロの代表曲は?」と聞かれたら8割の人がこの曲を挙げることでしょう。アンセムでファイナルアンサー。

エビ反りジャンプばかりが注目されがちな一曲ですが、この曲は本当に良いです。エネルギーに満ちあふれております。アニソン好きな人なら一瞬でハマります。しおりんの「お待たせしました、2番!」の頃にはもうこの曲に釘付けになってること間違いなし。

当時この曲に衝撃を受けた元HMV渋谷店(現閉店)の副店長の佐藤守道さんが「このジャンプが、アイドル史を更新する」というコピーを付けたのは有名な話。

「いつも全力で」「歌おう!!」「踊ろう!!」「笑おう!!」この歌詞にももクロの全てが詰まっています。ももクロのために生まれた、ももクロにしか歌えない至高の一曲。

 

中継ぎ: マホロバケーション

 YouTube

キマシタ!「さぁ、総決算!」「まほろば」というのは「素晴らしい場所」という意味。素晴らしい場所での休暇を思う存分味わっちゃいましょう。まさにももクロ天国!

もうね、歌詞のテンポが反則的に良い。こんなの楽しくないわけがない。「ハルカカナタのキミにも 私の声 ト・ド・ケ!」たとえ彼女達が6次元の世界にいこうともきっと届きます。いや届かないわけがありません。ありがとうございます。

ぼくは音楽に詳しくないのでこの曲がどんなジャンルに属するのかは分かりかねますが、大変に楽しい曲ということだけはわかります。

怪我した時もこの曲におまかせ。しおりんが「キミのイタミ」を昇華」させてくれます。どんなナースよりも優秀だこりゃ。この曲が生まれたことにより、ぼく達は起きている間も「ももクロ天国」を堪能できるようになりました。感謝!!
 

抑え:灰とダイヤモンド

YouTube フルがなかったのでピアノ演奏をお送りします。是非原曲も聞いてみてください。もれなく泣けます。

五次元の旅を締めくくる、6分52秒に及ぶ大作。アルバム「5TH DIMENTION」のトリであり、ライブでもクライマックスで歌われることの多いこの曲こそクローザーに相応しいでしょう!


具体的に明示される表現はないものの、この曲も「ももクロが自分たちの為に歌う」曲で間違いないでしょう。ももクロにとっても、ファンにとっても重要で、大切な一曲。

「一緒にいない私たちなんて二度と」「想像も出来ないよ」「ぶつかりながらもここにいる奇跡は」「偶然じゃない 素敵な意味があるんだ」このフレーズが本当にジーンと来る。メンバー間の衝突、5人でぶつかった壁。いろんな困難にも挫けず、5人でやってきたからこそある”いま”。

続く歌詞で不死鳥の暗喩がなされ、「砂に巻かれても〜」の杏果の叫びが、天空を貫く一筋の閃光となり、世界を光で満たす。女神誕生の瞬間。

そして5人の女神が「本当の輝き」を見つけるために生命(いのち)を燃やしつくさんとし、「一緒にいまを生きていく」ことを再度確認。挑戦、成長、絆。ももクロの全てを語る壮大な旅路はここにフィナーレを迎えます。

彼女たちと同じ時代に生まれ、生を、いまこの時を共有することの出来る幸福。歌詞を咀嚼すればするほど、その喜びは増していきます。乾杯。そして、ありがとう。

 

まとめ

選手層厚すぎィ!!紹介したい曲だけでチームの1軍くらいなら簡単に作れてしまうぞこれ。
歌詞を聴きこめば聴くだけその曲に眠る深いメッセージを感じることができて、ももクロの曲ってすげぇなと思いました。灰とダイヤモンドの項なんてタイピングしながら泣いてた。

もともとももクロは和をモチーフにしたグループなのに、アニソンっぽい曲からラテン、王道アイドルソングまでなんでも歌えるのがすごいですよね。だから普段アイドルソングとかを聞かない人とかもハマるのでしょうか。

まだまだファンになって日が浅いので、是非みなさんがオススメする曲も知りたいです。ご意見お持ちしています!

 

↓ ももクロの友情、プロ意識を感じることのできる1枚。もれなく泣けます。

 

ももクロを聴いて、圧倒的成長!(^▽^)

 

参考にした書籍、サイト様

momoiro-clover.ldblog.jp

minimarisuto.jp

↑こちらのブログのももクロについて書かれた記事