つっぱりモルディカイ

つっぱりモルディカイの大冒険

【ネタバレ】映画「愚行録」の感想・あらすじ・結末など/淡々と明かされる衝撃の事実に唖然!

この記事をシェアする

f:id:ohrmsk927:20170224112456j:plain

直木賞も受賞した貫井徳郎の小説「愚行録」が映画になりました。とにかく胸糞悪い作品です。どことなく「怒り」「凶悪」を想起させる作品でした。

 

 

  

愚行録の基本情報

監督:石川慶

脚本:向井康介

配給:ワーナー・ブラザース・オフィス北野

上映時間:120分

 

石川慶はこれが監督作品2作目。2作目とはとても思えない完成度…これから要チェックです。 

 

愚行録のあらすじ

ある家族を襲った凄惨な殺害事件。その被害者である田向家は、エリートサラリーマンの父親に美しい母親、礼儀正しい娘、という誰もが羨む理想の家族そのものでした。一家を殺害した犯人の手掛かりはつかめず、捜査は難航します。

そんな田向一家惨殺事件の真相を追う週刊誌の記者・田中武志(妻夫木聡)。幸せで何一つ問題点がなかったように思えた一家でしたが、実は夫妻にはそれぞれ闇があり、それは彼らを取り巻く人間関係につながっていることがわかってきます。

取材を重ねるごとに夫妻の秘密を暴いていく田中ですが、一方で彼のプライベートにもひとつ問題がありました。妹の光子(満島ひかり)が娘の育児放棄をした罪で逮捕されていたのです。嫉妬、憎しみ、恨み、負の感情が渦巻き、事件は予想外の展開を迎えますが……。

映画『愚行録』あらすじ・キャスト・ネタバレ評価【クセになるイヤミスが映画化!】 | Ciatr[シアター]より

 

愚行録の感想

妻夫木聡と満島ひかりの息を飲む演技

役者さんの演技、凄まじいものがありましたね。

満島ひかりさんの演技を見るのは初めての筆者でしたが、ブラックホールのような黒目に終始圧倒されっぱなしでした。

あまりの美しさにそのまま吸い込まれてしまうのでは…と思ったほど。。美しさと悲壮感と狂気を波乱だ素晴らしい演技でしたね。

大学入学時の希望に満ちた純粋無垢なキラキラ感と人生のゲームオーバーを悟ったあと(獄中)のどん詰まり感の対比。うん。。わからなくもないです(規模が全く違うけど)。

 

主人公の妻夫木聡も冒頭で「こいつ普通じゃないぞ」感をうまく表現しましたね。あれがあったから後半の衝撃の事実があっても違和感なく受け入れられましたね。「お、ようやく本性現したか」みたいな笑

妻夫木聡が演じた役、山田孝之もめちゃくちゃハマる予感がしてなりません。

 

淡々と襲いかかる3度の衝撃に閉口

「仕掛けられた3度の衝撃」と大々的に宣伝されてますが、これがあまりにもあっさりに明かされていきます。

「あ、そうだったのね」「えっ、そういうことなの」「あぁなるほど…」という具合にポンポンと新事実が明るみになっていきます。怖いです。

淡々と事実が積み重なっていき、我々観客が追い求める真相が明らかになっていく。獄中で満島ひかりに迫る「手」などの謎要素もしっかり回収していく。

前半のJホラー的な演出と「顔」を全面に押し出した静のカメラワークでちょっと間延びした印象もありましたが。全体的にはテンポよく、飽きずに観られました。

 

愚行録の考察

田中兄妹に渦巻いていた羨望や嫉妬は「階級」?

本作のあらすじを見ると

羨望や嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねている「愚行」が複雑に絡み合っていく様を描いたミステリーを描く。

とあります。羨望や嫉妬。。流れを思い出していくと一家惨殺事件に何らかの関与をもつ人物は全員女性絡みの「愚行」を重ねていたのが印象的でした。嫉妬の表現で一番わかりやすいものですが、何か狙いがあったのでしょうか。

これは個人的には田中兄妹の「社会階級」に対する(嫉妬なんかでは表しきれない)怨念のような感情を際立たせるためのリードだったのかな…と思ったり。

筆者は彼らが「生きること」に関してどこか諦めの感情があったように感じました。そしてその元凶は言わずもがな家族環境。作中ではここを階級として強調してましたね。

その階級が断絶する社会の厳しさ、現実を浮き彫りにするために、他の愚行を異性絡みにしたのかな…と思いました。

明かされた3つの衝撃は?

本作のウリである3つの衝撃。これを順番に掘り返していきましょう。

 

①一家惨殺の犯人は光子だった

田中が調査を続ける一家惨殺の犯人。犯人は光子でした。
夏原に利用され(それでも憧れは抱いていた)、大学に絶望した光子は卒業後に偶然夏原を見つけます。娘を連れた夏原は彼女と目が合いますが、スルー。それに逆上した光子は夏原のあとをつけ、そのまま家に侵入し家族を殺害してしまいます。

 

②田中の取材は一家惨殺事件の真相を知る者を抹殺するためだった

一家惨殺事件の犯人がわからずまもなく一年が経とうとしていた時期に突然改めて事件の取材をさせてもらえるようお願いする田中でしたがそれにはちゃんとした目的がありました。

田中はこの事件の真相を知る人間を消すために、関係者に取材をしていたのでした。そして光子と夏原の関係を知るカフェオーナー、順子をオブジェで惨殺。

筆者は最初「単純に腹がたって殺っちゃったのかな?」と思ったのですが、何個かの考察記事を読んでようやく理解。勘の良い人は兄妹が共謀していることが判明した時点でわかりそうですが、それにしても考察材料が少ないような…。

 

③光子が産んだ子供の父親はおにいちゃん

家族で大乱交フレンズなんだね!たーのしー!


そういうことです。筆者はてっきり光子に迫ったクズ大学生との子だと邪推してしまったのですが、避妊はちゃんとしたようでなによりです。歪んだ家庭環境が生み出した愛の終着点がこれですからね。辛いものがあります。

 

田中は子供を切望していた?

兄弟で産んだ子供はなにかしらの障害を抱えており、育児を放棄した2人。光子が子供を切望していたのは明らかですが、一方の田中はどうだったのでしょう。

 

筆者が考える限りは田中も子供を羨望していたと思います。それを示唆するは田中が稲村に取材をするシーン。赤子を連れて取材に応じた稲村。稲村が席を外れた際に田中は赤子をじっと見つめ、手を伸ばします。

すんでのところで稲村が戻ってくるため、田中が何をしようとしていたのかは推察するしかありませんが、あの表情は赤ちゃんを"ほしい"と思っているように感じました。

 

まとめ

映画「凶悪」でリリー・フランキーは「一番凶悪なのはお前だ」と主人公の山田孝之を指差しますが、あの指差しはそれを観ている我々観客にも向けられいているものでした。

今作も同じように、「愚かな」存在は誰なのかを突きつけてくる映画です。

救われない家族と、一般人が犯した"愚行"の記録。最初に言った通り、「怒り」や「凶悪」に似たニュアンスを感じましたが、胸糞の悪さは今作が随一です。

終始暗い色彩に彩られた世界と、一切の表情を排した主人公。あまりにも静かなトーンにともすれば眠くなりかねない設定ですが、妻夫木聡、満島ひかりをはじめとした個性豊かな演技が観客を物語に没入させること間違いなし。

一番「愚か」なのは誰か。あなたはどう思いましたか?