圧倒的成長侍

観た映画の感想を中心に、買ったモノや行った場所のレポートを書いてます

誰も知らないドメスティックブランド「FIRMUM」のリジットデニムパンツを紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク


圧倒的成長を約束する記事3選+1

f:id:ohrmsk927:20160512112600j:plainこんにちは、圧倒的成長侍です。

 

みなさんは革小物は好きですか?独特の芳醇な香り…クタクタになっていく質感…お手入れする楽しみ…ぼくは大好きです。自分好みに育っていくのがたまらんですよね。

 

 

そして革小物と並んで「育てていけるモノ」の筆頭に上がるのがデニムです。デニム。ジーンズ。歴史も長く、マニアのハートを掴んで離さないデニム。

 

こちらもまた、自分好みに育てていく「一生モノ」として愛用できる楽しみ…ロマンを感じずにはいられません。

 

さて、そんな男の夢が詰まったデニムですが、ぼくは正直そんなに好きではありません。理由は履き着心地が窮屈だから。特にリジットデニムなんてばっきばきで着脱も一苦労。
普段ワイドパンツしか履かないぼくにとっては地獄でしかありません。ラグアンドボーンの生デニムを購入するも、1ヶ月ほど履いてギブアップした苦い思い出も。

 

せめてワイドなリジットデニムがあったらいいのに…なんて思っていると、あったんですこれが!!!

 

リジットデニムって?

「そもそもリジットデニムってなんやねん!!」というおちゃめな方はこちらの記事に詳しく書かれているので是非ご参照ください。ぼくが書いてもほぼ同じ説明になってしまうのでここではしません笑

www.iwata09.com

洗濯方法とかも載ってるんので役立ててください。

 

「FIRMUM」のワイドデニムパンツ

そんなこんなで今回ご紹介するのは「FIRMUM」のワイドデニムパンツです!!たくさん写真撮ったので是非見ていってください。

 

実物

f:id:ohrmsk927:20160512112308j:plainこちらがワイドシルエット+リジットデニムという異色のコラボレーションを果たした全体像。

改めて見てもすごいシルエット。広めにとられたウエストがすとーんとそのまま落ちていきます。深めに取られた股上が美シルエットを作ります。

 

f:id:ohrmsk927:20160512113147j:plain一切のリベットを排したミニマムなデザイン。グレーのステッチがモダンな印象を与えます。

 

f:id:ohrmsk927:20160512112329j:plainバックスタイル。存在感のあるパッチポケットがかわいい。

 

f:id:ohrmsk927:20160512112411j:plainフロントはボタンフライ。ボタンはピカピカに磨いた10円玉のような輝きを放っています。どう経年変化していくか楽しみ。

 

f:id:ohrmsk927:20160512112517j:plain個人的に最も惹かれたポイントが「スラッシュポケット」。

 

f:id:ohrmsk927:20160512113347j:plain

引用:http://item.rakuten.co.jp/old-goat/10000799/

普通デニムのポケットって、こんな感じのが多めですよね(名称が分からない)。このポケット、モノを入れづらくないですか?笑
このポケットだと、iPhone6+を出し入れするのにも一手間かかって大変なんですよね。

 

しかぁし!!スラッシュポケットであれば「スッと」入れて「スッと」取り出せる。これは素晴らしい!見た目もミニマムな印象になって素敵!ミニマリスト歓喜!

 

f:id:ohrmsk927:20160512112454j:plain安心のメイドインジャパン。タグの主張が激しいようでおとなしい。

 

生地とか素材

高級綿のスーピマコットンの糸を使用しているので独特のツヤ感があります。スーピマコットンというのはユニクロでよく宣伝されているあれです。

 

f:id:ohrmsk927:20160512113603j:plain旧式の織機で織られているため、赤耳もあります。こだわりが感じられますね。
生地の厚さは13オンス。APCのデニムが14.8オンスなので、APCのデニムと比べると若干柔らかめです。もちろんリジットデニムなので、最初の洗濯で幾分縮みがあります。

 

「FIRMUM」ってどんなブランド?

f:id:ohrmsk927:20160512113848p:plainホームページがオシャっ!!

 

2015年にNO CONTROL AIRというブランドの新しいレーベルとして誕生したブランドだそうです。

NO CONTROL AIRは以下のように紹介されています。

2001年に、デザイナー米永至が「ノーコントロールエアー(NO CONTROL AIR)」をスタートする。
米永は京都精華大学で建築を専攻。

造形やイメージに頼らず、思考とプロセスを大切にした洋服を作り出すことがブランドコンセプト。

引用:http://www.fashion-press.net/brands/1030

 これだけじゃあなんのこっちゃと言った感じですが、ホームページがあるので気になられた方は是非確認してみてください。(FIRMUM単体のHPは現在作成中とのこと)

 

イメージとしては「COMORI(コモリ)」とか「YAECA(ヤエカ)」に近いですかね。両者よりシルエットに遊びが感じられる雰囲気。ユニセックスで着ることのできる、ふんわりとしたゆるめのシルエットが多めです。要チェック!

 

早速履いてみた!

さっそく履いてみました。どうでしょうか。

f:id:ohrmsk927:20160512114056j:plain悪くないシルエット

 

f:id:ohrmsk927:20160512114036j:plain個人的に横から見た時のスタイルがすごく好きです。すとーんと落ちる感じ。

 

f:id:ohrmsk927:20160512114039j:plainたいへんに絞ってます。ウエストがめちゃくちゃ太い。ほんとウエストが太い。びっくりしました。

 

f:id:ohrmsk927:20160512114042j:plainベルトつけないとこのザマです。ユニセックスって書いてあったし、絞って履くのが正解なんでしょうか。。ウエストの色落ちがすごいことになりそうです。

 

 

まとめ:ヘビロテ確定!色落ちが楽しみ

ウエストの太さに絶望しかけましたが、履き心地自体は非常にいいので愛用します。2日に1回履いていきます。

今までワイドシルエットのリジットデニムって見なかったので、非常に色落ちが楽しみです。ウエストすごいことになりそうだなぁ。ハチノスできるかなぁ。ワクワク!!

 

f:id:ohrmsk927:20160512114333j:plain

引用:トレンド感のあるワイドなデニムパンツをまとめてご紹介します! | STYLER MAG

最後に僕がこのデニムに惚れた写真を一枚お口直しに載せておきます。お目汚し失礼しました。

チョーカッコイイ。

 

 

デニムと一緒に、圧倒的成長(^▽^)