つっぱりモルディカイ

つっぱりモルディカイの大冒険

【店舗】おしゃれになりたい人にブランド古着屋をおすすめする4つの理由【紹介】

f:id:ohrmsk927:20160801150724j:plain

 

 

おしゃれに関心を持ち始めたみなさんにとって最初に気にするのはファッションブランドではないでしょうか。あのブランドの服が着てみたい、見てみたい…!そして意気揚々と伊勢丹などの百貨店に乗り込み、念願のファッションブランドの服とご対面。初回の感動と言ったらもうあれです。芸能人を生で見るくらいの感動があるのではないでしょうか。

しかし、、、値札を見てみるとそこには驚愕の値段が。ただのTシャツが¥9800(税込)。
おやおや、桁が1つ間違っていないかな?と思いながら他の商品も見てみると、、、


シャツ¥16800(税込)。


なるほど、夢でも誤表記でもなかったみたいですね。一度こんな値段を見せられると、もはや試着1つするだけでも尻込みしてしまうもの。それに伊勢丹とか、セレクトショップって、店員さんがいちいちオサレ。試着も満足にできずに、半ば不完全燃焼で店を後にする……。そんな経験ありませんか?ぼくはありすぎて伊勢丹なんてもう2年ほど行けてません。

いろんなブランドの服がほしいのに、満足に服を見ることも出来ない……そんな方は、古着屋を活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

古着屋にブランドものの服なんてあるの?

なんと、、、あるんです。といっても古着屋と言われて想像するような、アメリカンなヴィンテージライクのジーンズが売っているところとかには早々ありません。
古着屋の中でも、ファッションブランドメインの服を中心に買い取り、販売をするブランド古着屋さんがあるのです。代表的なお店はカインド、ラグタグ。

 

誰かが着た服にちょっと抵抗が……。

確かにその通りですが、汚れが点在していたり、クタクタ、しわくちゃだったりするものは案外ありません。当然ですが極端に状態が悪いものはリサイクルショップでも買取をしません。

それでもどうしても抵抗があるという方はラグタグならどうでしょうか。ラグタグなら買取、クリーニングをしてから販売しているので、ある程度の清潔感は担保されています。もちろん他の店舗に比べるとお値段は張りますが。それでも新品に比べれば相当お得なプライスで購入できますよ!

たまーに新品未使用の服が30%オフとかで売っていることもあります。たまーにですが。

 

ブランド古着屋の利点は?

  1. 値段が安い!
  2. 欲しかった過去のコレクションの服が手に入るかも!
  3. いろんなブランドの服が見られる!
  4. 店員さんがそこまでがっついてこない!


順番に詳しく説明していきます。

 

1.値段が安い!

なんといっても値段が安いです。状態がいいものでも新品の30%〜50%オフの値段で買えます。もちろんシーズンなどによって値段は変動しますが。
そして値段が安いと、なんとなく試着をするハードルも下がります。これほんと。

 

2.欲しかった過去のコレクションが手に入るかも!

直営店などではそれぞれのシーズンの服しか見ることができませんが、古着屋さんであれば様々なシーズンの服を手に入れることができます。最近興味を持ち始めたブランドの、過去のコレクションの服がほしいという時にブランド古着屋さんを回っていると見つかることがあります。欲しかった服を見つけるとなかなか感慨深いものがあります。

また、カインドなどで店舗によってはほしい服を店員さんに伝えて、入荷状況をお知らせしてもらうこともできます。ぜひ活用してみてください。

 

3.いろんなブランドの服が見られる!

百貨店よりもコンパクトな空間で、セレクトショップと同等かそれ以上のブランドの数の服が見られるのも大きな魅力の1つ。もちろんどんなブランドの服がどれくらいあるのかは運によりますが、それでも多くの服が物色できます。ファションブランドのバーゲンセールです。

 

4.店員さんがそこまでがっついてこない!

僕の肌感覚なのですが、店員さんの距離感が絶妙です。試着してる時も「サイズ感どうですか?」とか言う「その後どうやって会話を広げるのか謎質問」を繰り広げてくる店員さんはほとんどいません。よく訓練されているなぁと思います。


余談ですが「サイズ感どうですか?」という質問、謎過ぎませんか?そんなこと聞かれたって「はい」か「いいえ」でしか答えようがないですし、答えたら答えたで店員さんも「そうですか〜いいですね〜」と困ったような表情でフォローに入る。無駄過ぎる気がしませんか、このやりとり。
このように、相手が「はい」か「いいえ」でしか回答できない質問を「クローズド・クエスチョン」といいます。回答を早く得たい時にはいいですが、相手との会話を広げたい時は「オープン・クエスチョン」を使用しましょう。

 

どんな古着屋さんがあるの?

ブランド古着屋さんの魅力は伝わったでしょうか。お次はどんなブランド古着屋さんがあるのか、また店舗ごとの特徴も紹介できればと思います。

取り揃えているブランドも簡単に紹介しますが、ブランド古着屋さんはあくまで買取した服を販売するだけなので、店舗の種類というよりは、地域によって販売するブランドが変わるイメージです。その点をご留意ください。

 

カインド

f:id:ohrmsk927:20160524133126p:plain

次に紹介する”RAGTAG”と並んで最も有名なブランド古着屋さんです。赤と白を貴重としたロゴが目印。ブランド古着屋の中ではお求めやすい値段なイメージ。主に都心部に店舗を構えています。
ドメスティックからインポートブランド、アウトドアまで様々なブランドを取り揃えています。
「コモリ」や「クレプスキュール」から「ファセッタズム」まで広い範囲のブランドを取り揃えています。
「カインドオル」と「カインド」の二種類があるのですが、違いはわかりません。

 

RAGTAG

f:id:ohrmsk927:20160524133153p:plain

カインドと並んで一番有名な古着屋のRAGTAG。写真は原宿店です。こちらも都心中心の出店。
カインドと比べて値段は少々高めですが、その分買い取った後に必ずクリーニングを施しているので状態が非常にいいです。インポートブランド、デザイナーズブランドが多め。ドメブラの中でも特にコムデギャルソン、ヨウジヤマモトが多いです。「クレプスキュール」とか「サンシー」などのいわゆるミドルブランドは少なめ。

 

BAZZSTORE

f:id:ohrmsk927:20160524134539p:plain

西武池袋線沿線に中心に店舗を構えるお店。買取額がハンパないと評判のお店らしいですが売ったないのでわかりません(売るならオンラインが絶対良い)。値段はカインドと同じくらい。
都心部だと渋谷と下北沢に店舗があります。このお店の特徴はラルフローレンなどのアメカジブランドも豊富に取り揃えている点。ドメスティック、インポートも充実させながらストリート、アメカジも多く取り扱うブランド古着屋は少ない印象です。全体的に点数が多い。

 

RINKAN 

f:id:ohrmsk927:20160524141006p:plain

新宿、原宿、渋谷、下北沢に店舗を構えるハイエンドブランド中心のブランド。
あと大阪、名古屋に1店舗ずつあるみたいです。取り扱いブランドが結構狭い分、1ブランドの点数が多めです。値段帯はこの中でご紹介するブランドの中で一番高めです。なぜなら取り扱っているブランドの定価がぶっ飛んだものが多いから。
OFF−WHITEとか、GIVENCHY、Dior Hommeなどのインポートブランド中心の取り揃え。エグザイルとか3代目J Soul Brothers系のスタイルにも定評あり。

 

GRAND BAZAAR

f:id:ohrmsk927:20160524142443p:plain

下北沢に2つの店舗を構えるリサイクルショップ。
こちらはブランド古着屋というよりはどんな服も買取、販売する古着屋といった方がいいでしょうか。値段帯も安めなので根気よく探せば掘り出し物が見つかるかも!?

 

Brooch

f:id:ohrmsk927:20160524142704p:plain

代官山に店舗を構える高感度セレクトブランド古着屋。
幅広いブランドを取り揃えていて、一点一点見ているだけだけでもワクワクしてきます。
インポート、デザイナーズブランドが多めです。
ブランドのコラボアイテムなど、レアなアイテムも結構な確立で取り揃えているのが強み。
以前こちらでラフシモンズとイーストパックのコラボバックパックを購入しました。
お値段はRAGTAGと同じくらいで割合高めかも。

 

セカンドストリート/ジャンブルストア

f:id:ohrmsk927:20160524143858p:plain

以前は服メインのリサイクルショップでしたが、徐々に総合リサイクルショップに変貌しつつあるジャンブルストア。まれにお宝が見つかったりします。まれに。

 

モードスケープ

f:id:ohrmsk927:20160524144617p:plain

渋谷、新宿に店舗を構えるブランド古着専門店。ハイブランド、コムデギャルソン、ヨウジヤマモトのようなデザイナーズブランドからクレプスキュール、サカキなどのニッチなミドルブランドまで取り揃えています。

 

Viabridge

f:id:ohrmsk927:20160524145357p:plain

川越にある小さなセレクトブランド古着屋さん。こちらは買取は行っておらず、オーナーの方が仕入れたブランド古着を販売しています。レデイースの取り扱いのが多く、メンズ3:レデイース7くらいの割合。デザイナーズブランドとインポートブランドが中心。ヨウジヤマモトやアクネ、プラダなどが多めです。ツイッターで入荷情報をつぶやいているので気になられた方は是非チェックしてみてください。

 

まとめ:お店の種類というよりは地域で選ぼう

ブランド古着屋さんの利点と、お店の種類を紹介しました。もちろんお店の種類によって取り扱いブランドに少々違いは出るものの、一番違いが出るところは地域です。最先端ファッションの発信地、渋谷や原宿ならいろんなブランドの服が見られますが、ちょっと都心から離れると、珍しいブランドは少なくなる傾向があります。

こういった点を踏まえてブランド古着屋さんめぐりを楽しんで頂きたいと思います。オンラインストアでめぼしいアイテムを見つけて、近くの店舗に在庫があるのであれば見に行く、という方法もオススメ。ブランド古着屋を利用して、快適なファッションライフを!

 

ブランド古着屋をめぐって、圧倒的成長!(^▽^)