読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長侍

観た映画の感想を中心に、買ったモノや行った場所のレポートを書いてます

密室×お笑い=サスペンス!?ドキュメンタル一話の感想【ネタバレ】

ドラマ感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク


圧倒的成長を約束する記事3選+1

Amazon独占!松本人志が仕掛ける「密室」×「お笑い」の緊迫サスペンス!独占コンテンツだからこそできる、松本人志の才能を最大限に活かした問題作、解禁

 

 

 

Amazon独占コンテンツ「ドキュメンタル」第一話の感想です。

f:id:ohrmsk927:20161207014449p:plain

Amazon

 

Amazonビデオのトップページをドカンと飾る松本人志。なんだこれはと思いつつもスルーしていたのですが、各地で話題になっていたので視聴しました。法的にアウトじゃないかなど、なにやら物議を醸している模様。

 

………なんだこれめちゃくちゃおもしろい。。

 

こんなに来週の展開が楽しみな週間コンテンツはかっぴーさんが描くマンガ「左ききのエレン」ぶり。左ききのエレンもめちゃくちゃおもしろいので是非読んでみてくださいまし。

cakes.mu

 

「ドキュメンタル」の基本情報

Amazonプライム会員が利用できる「Amazonプライムビデオ」の無料配信ドラマ。松本人志がプロデュースすることで話題になった作品で、11月30日より毎週水曜に最新話が配信されます。

最近本格的に自社コンテンツ制作に力を入れ始めてきたAmazon。AmazonGoという画期的なコンビ事業も素晴らしいサービスだったのでAmazonが覇権を掴む時は近いのかもしれません。

 

「ドキュメンタル」1話のあらすじ

芸人達の元に松本人志から“ドキュメンタル”の招待状が突然届く。招待状を手にした者は驚き、戸惑い、喜び、苦悩する。このバトルに参加するのかしないのか、参加費100万円をどう工面するのか。

それぞれが葛藤する。そして勇敢な10人の参加者が一堂に会し、いよいよドキュメンタルの火蓋が切って落とされる。

 Amazonより引用

 

「ドキュメンタル」一話の感想

導入

第一話は導入で、松本人志がなぜこのような企画を立ち上げたのか、そしてどのように参加者を募ったかなどが語られます。そして参加者の決定。
参加者は以下の10名。

  • ジミー大西
  • FUJIWARA 藤本敏史
  • 宮川大輔
  • 野性爆弾 くっきー
  • ダイノジ 大地洋輔
  • 東京ダイナマイト ハチミツ二郎
  • とろサーモン 久保田和靖
  • 天竺鼠 川原克己
  • トレンディエンジェル 斎藤司
  • マテンロウ アントニー

筆者はそこまでお笑いに詳しくないので、何人かしらない人もいましたが、多くの人は顔を見ればわかるという豪華なメンツ。せっかくだから相方に参戦してほしかったというのは筆者だけでしょうか笑

これほんとに募集をして有志だけが参加しているっぽいですね。他にも雨上がり決死隊などにも募集を出しているみたいでしたが参加されていないので。すごい番組…。

 

子どもの頃、誰もがやったであろう「笑ったら負け」ゲームをガチの芸人がやる面白さ

このような番組は大晦日に放送される「笑ってはいけない」シリーズが有名ですが、笑ってはいけないシリーズでは仕掛け人が笑ったらダメな芸人に対してネタをしかけることで笑いをとります。

しかし「ドキュメンタル」ではお互いが笑ったらだめな状況でのガチンコ勝負。密室で外的要因は一切ない真剣勝負です。

これを見ていて思い出したのは子どもの頃みんなやっていたであろう「笑ったら負けゲーム」。みなさんもやりましたよね?このゲームをやっている時に流れる独特の不穏な空気…。

これをプロの芸人さんが本気でやるんだから面白くない訳がない。地上波ではできない言葉の応酬なども見どころです。

 

今後も楽しみな意欲作!

めったにドラマを見ない筆者がこんなに楽しみに思える作品に出会えるとは…!というほどに衝撃的な作品でした。

本当にゲラゲラ笑える面白い作品なので是非一度見てみてください!