つっぱりモルディカイ

つっぱりモルディカイの大冒険

IHでもできる! 誰でも簡単に美味しく作れるチキンステーキの焼き方

この記事をシェアする

おいしいチキンステーキの焼き方を実践したら本当においしくなったのでご紹介します。

 

 

 

チキンステーキを美味しく作るコツは「弱火で焼く」だけ

はい。もう結論を言いますがチキンステーキを美味しく焼き上げる焼き方は「弱火で焼くこと」それだけです。今まで強火で焼き目つけたあとに中火で焼いてたので衝撃だった…。

 

ぼくのパッとしないチキンステーキを救ってくれたのは「チキンステーキ 焼き方」で調べると1ページ目に出てくるこちらの記事でした。

esse-online.jp

 

たしかにほったらかしてたらできた。

 

「まずは強火で旨味を閉じ込めないと!」と豪語しながら作っていた今までのチキンステーキが「チキンステーキβ版」だったとすると弱火で焼き上げるチキンステーキは「チキンステーキ重版出来」です。まじで変わります。

 

「ほったらかしチキンステーキ」はIHでもいけるのか試してみた

というわけでここからは実際に作っている工程をお届けしていきます。

 

f:id:ohrmsk927:20170925002234j:plain

 

材料です。鶏肉と塩と油。油はニンニクをオリーブオイルに漬けたものです。アーリオオーリオです

 

f:id:ohrmsk927:20170925002241j:plain

 

キッチンタオルも忘れずにね

 

f:id:ohrmsk927:20170925002249j:plain

 

確かに片手でさっと取り出せます

 

f:id:ohrmsk927:20170925002300j:plain

 

水分をとります

 

f:id:ohrmsk927:20170925002306j:plain

 

水分をとります。お塩もかけてね。

 

f:id:ohrmsk927:20170925002315j:plain

 

鶏肉をフライパンに置きます。火はまだつけません

 

f:id:ohrmsk927:20170925002323j:plain

 

表にも油を少々

 

f:id:ohrmsk927:20170925002329j:plain

 

火を通します。6段階有るうちの2の強さで。

 

f:id:ohrmsk927:20170925002406j:plain

 

じっくりと火を通します

 

f:id:ohrmsk927:20170925002340j:plain

 

付け合せの野菜を切ります

 

f:id:ohrmsk927:20170925002346j:plain

 

人参を切ります

 

f:id:ohrmsk927:20170925002353j:plain

 

玉ねぎも切ります

 

f:id:ohrmsk927:20170925002359j:plain

 

切れました。

 

f:id:ohrmsk927:20170925002412j:plain

 

若干縮んできたような気がします。油は適宜落としましょう。そういえば蓋は水分が溜まってしまうのでしないほうがいいみたいです。

 

f:id:ohrmsk927:20170925002433j:plain


人参を参戦させます

 

f:id:ohrmsk927:20170925002449j:plain

玉ねぎも参戦。肉がだいぶ縮んできました

 

f:id:ohrmsk927:20170925002513j:plain


野菜を炒めます

 

f:id:ohrmsk927:20170925002520j:plain


未だかつて見たことのない美しい焼き目に仕上がりました

 

f:id:ohrmsk927:20170925002544j:plain

 

裏面はこれくらいで大丈夫です。切ってみると…

 

f:id:ohrmsk927:20170925002552j:plain

 

しっかり火が通ってますね

 

f:id:ohrmsk927:20170925002559j:plain

 

完成!!!20分くらい焼いた。

 

所要時間25分、その味は…?

全体の時間を合わせると25分ほどかかったこのチキンステーキ。カップラーメンの8倍。果たしてその味は……

 

 

 

f:id:ohrmsk927:20170925010700j:plain

 

 

 

 

これまで適当に焼いてきた鶏肉と明らかに違います。1週間前に強火でジュージュー焼いてた鶏肉とはは天と地の差を感じます。

 

身がふっくらとしていて、すごく歯ざわりのよい柔らかさなのです。その食感はまるで妖精たちとの輪舞曲。甘くはなかったです。すみません。

 

いつもドバっとかけていた塩コショウを控えめにしたのに旨い。もっというと今までは塩コショウでごまかしていた節があった(鶏肉すまん)。今までの自分の調理は鶏肉のポテンシャルの3割も引き出せてなかったのではと思えるくらい。それくらいにイケました。お世辞抜きで。

 

1つ反省があるとすれば皮がパリッとしていなかったことですね。見た目はばっちりでしたが野菜からでた水分を吸ってほんの少しだけぶよっとしてしました。

 

 

それでも美味しかったので1人で食べる分には大満足でしたが、本気で皮をパリッとさせたければ

  • 油をクッキングペーペーで拭いて減らす
  • 野菜と一緒に焼かない

この2つは守ったほうがいいですね。次回やってみよう。

 

チキンステーキを弱火で焼くメリットまとめ

最後にチキンステーキを弱火で焼くべき理由をまとめておきます。

 

油がはねない

焼いてる最中は全く油がはねませんでした。強火で焼いてる時はいつもはねてたのに…。隠れたメリットですね。

 

じっくりと焼くのでその間他の作業ができる

IHだったからだと思いますが、ぼくの場合焼きあがるまでに20分かかりました。ガスの人だったもう少し早く焼けると思います。時間はかかりますが、その間に他の作業ができるのでぼくはプラスと考えました。

 

うまい

これが1番ですね。ぜひ比べてみてください。一度試したらもう虜ですよ。

おわりに

チキンステーキの焼き方で悩んでいる方がいたら是非ためしてみてください!とにかく弱火で粘り強く焼き続ければ必ず美味しくなります(^q^)