つっぱりモルディカイ

つっぱりモルディカイの大冒険

落書きを"リライト"するGoogleのお絵かきAI「AutoDraw」で遊んでみた

この記事をシェアする

f:id:ohrmsk927:20170413182233j:plain

初めての方も、久しぶりの方も。こんにちは。おはらです。神妙な顔つきで失礼します。

 

 

神妙な顔つきなのもわけがあります。まずはこちらをご覧ください。

f:id:ohrmsk927:20170413182728p:plain

ピカチュウです。かわいいですね。

f:id:ohrmsk927:20170413183234p:plain

カエルです。かわいいですね。

 

f:id:ohrmsk927:20170413183414j:plain

 

 

……………………………………………………………………

 

 

このように、人という生物は絵を書く時、対象を想像できていても、思い通りのイメージにならないことが往々にしてあります。そんな時って、めちゃくちゃ歯がゆいですよね。わかります。絵が上手いことで女性からチヤホヤされる男は股間がマッキーになればいいと思っていました。

しかしです。Googleがついにやりました。簡単なお絵描き程度なら人工知能がこなしてくれる未来が見えてきました。

それを可能にしてくれるのがGoogleが4月11日に発表したサービス「AutoDraw」です。

 

f:id:ohrmsk927:20170413185130p:plain
「AutoDraw」操作画面

 

インタフェースは至極シンプル。従来のイラストソフトと変わりません。しかし、そんじょそこらのイラストソフトではできない革新的機能が備わっています。

 

AIがあなたのイメージを具現化!

f:id:ohrmsk927:20170413185409p:plain

 

それが左側のタブにある「AutoDraw」機能。こちらで適当にイラストを書いてみると…

 

f:id:ohrmsk927:20170413185553p:plain

 

右上をみると、サボテンやら犬やらがズラリ並んでいます。こちらを選ぶと…

 

f:id:ohrmsk927:20170413185743p:plain

 

なんということでしょう。ぼくが手描きで描いたとは思えないクオリティの「くま。」がわずか一秒で仕上がってしまいました。

 

f:id:ohrmsk927:20170413190439p:plain

ちなみにぼくが手描きでこしらえたこちらは「ヨッシー」です。このクオリティならGoogleが認識すると思うのでヨッシーはまだレパートリーにはないのですね。もう一つ描いてみましょう。

 

じゃがいも

f:id:ohrmsk927:20170413190655p:plain

 

「じゃがいも」です。じゃがいもとしての体裁は保っていると思うので、提案されたイラストを眺めてみましょう。


 

f:id:ohrmsk927:20170413191208p:plain

 

「じゃがいも」は見当たりません。ですが…

 

f:id:ohrmsk927:20170413192130p:plain

 

「じゃがいもっぽいもの。」は見つかりました。これはメークインでしょうか。正体がいまいちわかりませんがこれはこれで悪くない。

 

どこまでついてこれるかな?「AutoDraw」で遊んでみよう!

「AutoDraw」の素晴らしさが十分にわかったところで、気になるのが「どれくらいのイラストのバリエーションがあるのか」というところ。できうる範囲で検証してみましょう。

 

ピカチュウ

f:id:ohrmsk927:20170413193938p:plain

 

ピカチュウです。冒頭で紹介したイラストよりはうまくかけていると思います。が、提案にはピカチュウの姿はなし…。ヨッシーに続きクマ系が真っ先におすすめされてますがなんだが小馬鹿にされているような気にもなりません。

 

きゅうり

f:id:ohrmsk927:20170413194524p:plain

 

きゅうりです。提案画面にそれっぽいものはなし。きゅうりくらい対象が普遍的だと、ぼくが描いた絵が悪かったのか、バリエーションになかったのかがいまいち掴みかねます。

 

f:id:ohrmsk927:20170413194752p:plain

 

きゅうり要素があまりにもなさすぎて腹ただしい気持ちになってきた。

 

タカシ

f:id:ohrmsk927:20170413200115p:plain

「タカシ」という文字の集合体を、Googleの人工知能はどう解釈するのか。答えは、この中に。

 

f:id:ohrmsk927:20170413200527p:plain

 

ブランコが最初なのは謎ですが、衣服やヨガを嗜む人など、「タカシ」っぽさが随所に感じられる結果となりました。悪くない。

 

f:id:ohrmsk927:20170413201020p:plain

 

500億いいね!あげたい。

 

ゴジラ

f:id:ohrmsk927:20170413194951p:plain

 

話題のゴジラも描いてみました。愛嬌のある感じに仕上げてみましたが、いかがでしょう。提案画面を見てみるとまたしても理想のイメージはなし。ゴジラはさすがに難しいし致し方ないですね。と思っていると…

 

f:id:ohrmsk927:20170413195442p:plain

 

その姿、まさに「威風堂々」。フレームアウトしながら現れたそいつは、「ゴリラ」でした。一文字違いながらも、この圧倒的に荘厳な佇まいは全く違和感を感じさせません。すごい。

 

まとめ

これからに期待。

 

「AutoDraw」はこちらから!

www.autodraw.com