読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長侍

観た映画の感想を中心に、買ったモノや行った場所のレポートを書いてます

【ネタバレ】見せ方が残念すぎる映画「アサシンクリード」の感想

映画感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク


圧倒的成長を約束する記事3選+1

f:id:ohrmsk927:20170313142719p:plain

公開日にアサシンクリードを観てきましたが物語の見せ方があまりにもお粗末で絶望しました。ゲームやってる人じゃないとストーリー理解しながら追うのはなかなか難しいんじゃないでしょうか。箇条書きで感想書いていきます。

 

 

アサシンクリードのあらすじ

f:id:ohrmsk927:20170313134956j:plain

主人公は右側のマイケル・ファスベンダーです。幼少時に父がなぜか妻を殺害し、意味もわからず「おまえは逃げろ」と言われ突然30年後。

気づいたら死刑囚になってました。死刑が実行されたと思ったらなぜか生きていてよくわからん機械で過去のアサシンたちの記憶を追体験させられます。「ミッション8ミニッツ」的な感じです。

そんでアサシンとしてマイケル・ファスベンダーが頑張るお話です。

 

アサシンクリードの感想

主人公なぜ死刑囚になった

あんなにかわいかった少年がなぜあんな面相の悪い連続殺人犯になってしまったの。そこらへんの説明がなくて悲しくて悲しくてやりきれません。彼に対する一切の興味が持てませんでした。

 

あの施設にいた連中はなんだったの

筆者の理解があまりにも足らなすぎるかもしれませんがここらへんも正直意味不明でした。全員死刑囚だったんだよね?みんな都合よくアサシン教団の軍団だったんだね?すごいね

 

戦闘シーンの切り替えは必要だったのか

過去に戻って戦闘しているシーンでその都度差し込まれる現代でのマイケル・ファスベンダーの一人芝居。あのでっかい機械にガッチリホールドされてぐにゃんぐにゃん動くあのカット。必要なの?あれ。サーカスなの?せっかくのスタイリッシュなアサシンたちのアクションが台無しになった感が否めません。悲しい。

 

アサシンの戦闘シーンまで長すぎてダレる

さすがにちょっと引っ張り過ぎでしょう。ほら最初の親父が主人公に「逃げろ」っていうシーンあったじゃないですかあそこで戦ってくれるもんかと期待に胸を膨らましていたら突然の30年後で面食らいましたよ。もったいぶりすぎでしょちょっと見せてくれてもいいじゃんねぇ。

 

以上です。不安しかないスタートながらも「ミッション8ミニッツと同じ構図だこれ!」とテンションが上ったものの、結局あまり楽しめずに終わってしまいました。

見せ方をもっとシンプルにしてくれてたらアサシンたちのアクションが際立ってわかりやすくなってよかったと思ったんですけどね。いろいろと惜しい…と感じる映画でした。

アクションよりもミステリー要素のが強めの作品でしたね今思うと。
こちらからは以上です。