読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長侍

観た映画の感想を中心に、買ったモノや行った場所のレポートを書いてます

【東京~愛知】ヒッチハイク帰省を試みたら、靜岡のスナックにたどり着いた話

スポンサーリンク

スポンサーリンク


圧倒的成長を約束する記事3選+1
 
スナックで青春アミーゴを歌いました。
 
 

 

 
 
 
こんにちは。女装系留年ミニマリスト意識高い大学生です。昨年(12/29)に、ヒッチハイクで帰省をしました。コミュ障でもやってみればなんとかなるということで、これからヒッチハイクをやってみようという方に少しでも参考になれば幸いです。2部構成でお届けします。
 
 
 

何故やったのか

夜行バスが高かったためです。
毎回帰省する際は夜行バスを利用するのですが、年の瀬は値段が通常の2倍くらいに跳ね上がります。
 
普段お手頃価格で利用している身のぼくにとっては憤慨モノの事件。「じゃあいいよ!ヒッチハイクで帰るわ!」と夜行バスネットの画面に叫びました。
 
 

ヒッチハイクのいいところ

3つくらい見つけました。
 

タダ

スケッチブックとペン代(¥1000)が発生しているので厳密には無料ではありませんが、交通費は一切かかりません。一度買えば使いまわせるしね!
 
そういえば用賀駅までの交通費も発生してますね。全然ただじゃありません。すみませんでした。
 

下準備は不要!ペンは金よりも強し!

ヒッチハイクは下準備が不要。これはスゴイと思いました。夜行バスのように予約や支払い、また乗車までの待ち時間などの煩わしい手続きは一切必要ありません。
 
当日になったらスケッチブックとごん太なマジックペンを用意すればいいだけ。あとは絵心のある友人がいると理想的ですね。インパクトのある文言を書いてくれます。
 

何かしら貰える

乗せてくれる方は基本的に突き抜けた優しさの持ち主なので、何かしらくれます。
3台の車に乗せて頂けてそれぞれ何かしらのものをくれました。あとでご紹介します。 
 
 

ヒッチハイクの辛いところ

2つありました。
 

話し続けなければならない 

素性もわからない人間をプライベートスペースである車に乗せるのは相当な勇気がいると思います。乗せる側にはなんの得もありません。
 
にも関わらず乗せてくださるのだから、だんまりでは「こいつは一体何なんだ?背後霊か何か?」と思われかねません。せっかく乗せて頂けるのだから、誠意を持って車内を盛り上げなければなりません。
 
ぼくは人と話すのが苦手なので非常に辛かった。逆に言えば話すのが好きな人にとってはもう天国ではないでしょうか。毎日ヒッチハイクで通勤通学すればいいと思います。
 

眠い 

夜にやるもんじゃねぇなと思いました。深夜でおつかれの時に乗せてもらうのは非常に申し訳ない。同乗者の方とか寝たいに違いないのに、「せっかくだから起きてないといけない」みたいな空気にしてしまいます。
 
おかまいなく寝てほしいと思いました。ぼくも寝たいし。
 
あと、夜行バスみたいな感覚で3時にSAに着くと間違いなく漂流します。人が元気でたくさんいる時間にやったほうがいいよ!
 
 
 
辛いところ2つに対していいとこ3つ!こりゃやるしかない!
 
 

スナックへの道のり 

 

用賀駅〜海老名SA

アルバイトを終えて用賀駅が最寄りのヒッチハイカーの聖地「マクドナルド東京インターチェンジ店」に向かいます。
デザイナーの卵であるアルバイトの同僚がヒッチハイクの文言を買いてくれした。ありがとう!

f:id:ohrmsk927:20160101140005j:plain着きました。用賀駅です。

 f:id:ohrmsk927:20160101140100j:plainここが聖地「マクドナルド東京インターチェンジ店」。隣にはすぐに東京IC。なるほどこれはやりやすい。9時に開始します。靜岡方面という文言で勝負。
  
 
開始して5分、元ヒッチハイカーの二人組のお兄さん方が声をかけて下さいました。
方向が違ったみたいなので、残念。ありがたいアドバイスを頂けきました。なんと幸先が良いのか!
f:id:ohrmsk927:20160101140249j:plain
みかんを頂きました。帰宅したら潰れてました。
 
 
 
 
9時半頃、マクドナルドの駐車場に車を止められていたお兄さん方が声をかけてくださいました。旅行で東京に来られていたみたいで、今から地元の靜岡に帰られるそう。海老名までならいいよということで、乗せて頂きました!初ヒッチハイク成功!これが聖地たる所以……!
 
背後にいる時はスウェット姿の方もいたりで「笑われてるんだろうなぁキモチイイ」とか思っていたのですが、まさか乗せてくださるとは…。
 
人というのはわからないものです。すでに社会人として働かれている同い年の方々でした。お話も非常に盛り上がり、楽しく運んで頂けました。
 
この方々からはタバコを一本頂きました。滅多に吸わないので終始咽ました。 

f:id:ohrmsk927:20160101140729j:plain「とにかく西へ」というニックネームをつけてもらいました。ありがとうございます。

 
 

海老名SA〜靜岡のスナック、浜名湖SA 

10時半頃にお別れをし、ヒッチハイクを再開します。「靜岡方面」だけで愛知まで帰れる気がしてきました。
 
開始して10分位、エグザイルが好きそうな若めのカップルが声をかけてくださいました!方向が違ったみたいで、乗せていただくには至らなかったのですが、励みになります。人間捨てたもんじゃない。
 
 
ここからがちょっと長かった。45分位かかりました。
11時15分くらいに、川崎から靜岡に帰る途中の4人組のお兄さん方が乗せてくれました!狭い車内であったにも関わらず、なんていい方たちなのでしょうか。
 
となりの人がアシメツーブロックヘアーのバリバリな感じのかたで正直最初はやべぇと感じましたが、全然いい人でした。乗せてくれる方々に悪い人はいない!

f:id:ohrmsk927:20160101140838j:plain ※イメージ画像

 
ここから2時間ほどかけて、浜名湖付近へ。一度高速を降りて解散して行きます。運転手の方とぼくだけになり、浜名湖SAに向かって頂けると思ったら、「ちょっと行きたいところ寄ってもいい?」と。
 
断れるはずもないので二つ返事でうなずきました。(眠たい)
 f:id:ohrmsk927:20160101141224p:plain
10分ほど経つと到着。「スナック 紫苑」ほう……。(遠い目)
(本当にここです)
 
 シャンパンをたくさん飲んで、青春アミーゴを歌いました。79点でした。ありがとうございました。カウンターの女性が可愛かったです。浜名湖付近のスナックをお探しの方がいましたら、ぜひ寄ってみてください!
 
f:id:ohrmsk927:20160101141317j:plain
スナックで「コアラのマーチ」を頂きました 。ありがとうございます。スナックを出て、3時頃に浜名湖SAで降ろして頂きました。さすがにこの時間は捕まらないと思うので、夜明けまで寝ます。おやすみなさい。
 

f:id:ohrmsk927:20160101141857p:plain

 

f:id:ohrmsk927:20160101142133p:plain

 

f:id:ohrmsk927:20160101142212p:plain

 

f:id:ohrmsk927:20160101142319p:plain

次回は自宅に着くまでと、ヒッチハイクの心構えをお送り予定です。