読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

圧倒的成長侍

観た映画の感想を中心に、買ったモノや行った場所のレポートを書いてます

あなたがすね毛を剃らないほうがいいたったひとつの理由

ネタ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


圧倒的成長を約束する記事3選+1

体中のあらゆる毛を剃りました。乳首の毛は残しました。

 

 

 

すね毛はあなたを護(まも)っている

すね毛が存在しない脚はすごく気持ち悪い。見た目の問題ではありません。見た目はすっきりしていて大根のようです。物理的に気持ち悪いんです。

剃り上がった二本の脚を見て、「おでんにすると味が染みそうだ」と思いながらジャージを履くと、とてつもない違和感に襲われました。衣服の感触というか、肌と服が直接擦れ合うと言うか、ともかく得も言えぬ感触に襲われました。今まで、私がいかにすね毛というものに守られているかがわかりました。

 

女性はいつもこんな気持ち悪い感覚と共生してるなんてすごいな、と思いました。腕の毛とかはまったく違和感ないのに、すね毛ってすごいんですね。

この結果から、私は一つの結論を導くことが出来ました。

 

すね毛を見かけると不快に思う人が大半だと思います。私もご多分に漏れません。しかし、このすね毛というものはその実しっかりとその身を守ろうと懸命に生えていたのです。

 

きっと、毛は人類が繁栄するために無くてはならない機能なのでしょう。この世の全男性がすね毛をツルピカにしたら、不快感で0.3%くらいの人が死に至るかもしれません。それくらい重要なものだと、ぼくは今回すね毛を失って感じました。

 

すね毛を大切にすることで、あなたは"脚にすね毛が存在している"という事実以上の大いなる加護を受けられているのです。

 

さぁ、すね毛(じぶん)を守りぬこう

 

まとめ

・すね毛はあなたを守るために存在していた。