圧倒的成長侍

観た映画の感想を中心に、買ったモノや行った場所のレポートを書いてます

ブログ始めました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


圧倒的成長を約束する記事3選+1

 

初めまして人間です。名前はまだありません。ニックネームとかペンネームとかそういった類のものは恥ずかしくてどうも馴染めません。

 

1ヶ月くらい前からブログを始めようと思ってはいたものの

面倒な気持ちが先行していてずうっと先延ばしというか見ないふりをしていました。

どうしたものか、ついに開設する運びとなりました。

 

 

ブログ開設への原動力となったのは新しい暮らし方への志向でした。いろんなことを実践することで自分がどのように変化していくのか、どこかに残しておきたいと考え、ここにたどり着きました。せっかくならこの記録を追ってくれた誰かの気づきになると嬉しいですしね。

 

とりあえず現代はモノが多い。この国だけか知らないけど、多すぎる。一方的に否定するつもりはないけれど全ての適量を超えているように感じます。情報過多とか言われて久しいけれど、情報だけではなくモノまで溢れるようになってしまった。それすらも気づかなかっただけでしょう。認識していなかっただけでもうずっとそんな雰囲気だったと思う。

 

つい1ヶ月前くらいでしょうか。「エッセンシャル思考」という書籍を読了した僕は思い立って 家にあった不要と思われたものをとにかくゴミ袋に纏めました。壁を埋め尽くしていた好きな歌手(声優?)のポスター、大学に入学した際、一方的に配れられる書類の数々、4年間大事に保管して半年に一回くらい眺めて越に浸っていた高校生の頃に受けた模試の成績表……袋の数は20袋ほどに及びました。

捨てている最中は苦虫を踏み潰すような心境だったものの、見違えるように広々としたその空間を目の当たりにするとそんな気持ちは吹き飛びました。

 

ちょうどどこの書店でも減らす技術だとか片付けに関する類の書籍が大々的にディスプレイされている頃でした。なんだそういう潮流があったのか、と。

 

パラパラと書店に並ぶ関連書の文字を流していると次第に僕の中である価値観が芽生えてきました。「減らすことで思考は研ぎ澄まされるのではないか」という観念。何を減らすかというと、何でも。とにかく減らす。そうすることで、より思考は本質へ近づいていく。こちらに関しては改めて詳しく書きたいと思います。

 

言葉達に後押しされた僕は取り憑かれたように部屋のものを処分しました。AVラック、ハンガーラック、ローテーブルなど…書いてみるとまだまだ普通の家と変わらない、、笑 それでも、だいぶすっきりしたなぁと感動しました。「減らすことっていいことしかないな!」本気で感じました。

 

まだまだこの部屋から減らせるものはごまんとあるし、その中で新たに何かを迎えてきた結果、満足したり、後悔もするでしょう。この暮らしと向きあうことで、本当に必要なものが何なのか、かっこよく言えば「本質」を突き止めることができるようになるといいなぁと思ってます。

 

ここに残る文字がどのような方向性を辿るかはまだわかりません。新たな暮らし方を送るにあたって実践したこと、日々の所感、映画のことなど様々な記憶たちを言葉として残せればと思います。まだ大それたことは言えませんし繰り返しにはなりますが、ここに残る言葉が誰かのそして未来の自分の気付きになると嬉しく思います。 

 ▼応援して頂けますと頑張れます。